めざすブログは、その時々にめざしている何かについて記録していくブログです。

めざすブログ

税理士試験

税理士試験の不合格科目の勉強を再開するか新しい科目の勉強を続けるか?

投稿日:

zeirishi
さてあっという間に結果が発表されましたね。

待つ間はあれだけ長いのにいざ結果が分かるとあっけない。。。

無事に合格出来ていれば嬉しい以外にないですが、残念ながら不合格に終わった時に悩むのがこれ。

不合格科目の勉強を再開すべきか?

不合格科目はいったん置いておいて9月からやっている新しい科目を続けるか?
同時に何科目も勉強する時間が確保出来るならいいけど、なかなかそうはいかないので悩みますよね?

スポンサーリンク




人間捨てるのが苦手

資格の学校に通っているなら9月から始めた試験科目はこの時期だと基本コースなら半分、速習コースなら一巡したところ。

しかも資格の学校には1年分の受講料を払い済み。。。

決して安くない受講料。。。

それにモチベーション的にも不合格科目を勉強するのはしんどい。

じゃっあ、新しい科目!といきたいところ。。。

人間一度手にしたものは失いたくない。

たとえそんなに価値がなくても。

そんなわけでここで冷静にメリット・デメリットを見ていきましょう!

不合格科目を選択すると

メリット

・本試験まで受けているため、本試験レベルに達しているのでアドバンテージができる

・理論暗記もしているため、覚え直しで済むので負担が少ない

・不合格になったことで自分の駄目だったところがわかっているので対策が立てられる

デメリット

・半年のブランクがありモチベーションが上がらない

・新しい科目をすでに勉強済みの場合、それを捨てなければならない(時間と受講料が。。。)

新しい科目を選択すると

メリット

・9月から始めた新しい科目の勉強が無駄にならない

・受講料が無駄にならない

・新鮮な気持ちで勉強が続けられる

デメリット

・本試験レベルには程遠いので8月までに合格出来るレベルまで持っていけるか未知数

・不合格科目は1年のブランクが開くことになるのでせっかく覚えたことがはるか彼方に&税制改正で浦島太郎に

結論

ここは心を鬼にして新しい科目を捨て、不合格科目の再トライがおすすめ。。。

メリット・デメリットを見ても新しい科目を選ぶメリットが弱すぎる。

それよりも競争に勝つためには他人よりもなんらかのアドバンテージを得ないといけない。

不合格になったとはいえ、試験から逃げずに受験したからにはそれなりのレベルに達しているはず。

それであれば新しい科目は潔く捨て、不合格科目を確実に取りにいったほうがいい。

受講料も科目振替制度を使えば無駄にならないので、すぐに切り替えを!

※科目を新しい科目から不合格科目に替えるには期限があるのでお早めに







-税理士試験

Copyright© めざすブログ , 2017 All Rights Reserved.