めざすブログは、その時々にめざしている何かについて記録していくブログです。

めざすブログ

独立

いきなりの独立は?

更新日:

税理士試験に集中すべき時期ですが、勉強だけしていても息が詰まるので独立についてでも。
P1000738

1.いきなりの独立は危険です

仕事では起業家の方のスタートアップをお手伝いすることはあるのですが、いざ自分のことになると話は別ですね。
人にはあれやこれやと冷静にアドバイスできても、自分の身に降りかかるとなぜか冷静な判断ができなくなり、
あまりにも前のめりすぎていきなり退職して独立だ!と思い会社を辞めかけた時期もありました。

スポンサーリンク




人間熱くなると都合の悪いことは不思議と見えなくなるものですね。
住宅ローンも借りたばかりで、家には妻がいる状態でそんなことをしたら路頭に迷っていましたね。
当然ですが、いきなりの独立は絶対にやめるべきです(笑)

というわけで、今は会計事務所に勤めるかたわら、財務コンサルタントとして収益を上げていくことをめざしています。
まずは1円自分の力で稼ぐ。それが最初の目標です。

いざ、1円でも自分の力だけで稼ごうと思うと案外難しいです。
いかに自分が会社の看板で仕事をしてきたんだなと痛感させられます。

そして、税理士の資格の強さも。
「税理士=社会的信用がある」
という構図が一般的に出来上がっているため、営業の取っ掛かりとしてはかなりのアドバンテージがあります。
フルマラソンでみんなが42キロ走らなければいけないところを10キロ先の32キロからスタートできるようなイメージです。

確かにどこの馬の骨かわからない人よりも税理士であるだけで何か信用できそうですもんね。

ただし、それは最初だけで、資格を持っていてもちゃんと走り方を知らないとあっという間に抜かされてしまいますが。
それでも一歩前からスタートできることは魅力なので、税理士の資格はこの8月でなんとかして取りたい。

資格を取るまで何もしないのでは結局はスタートが遅れるだけなので、さっそく走り始めようと思います。

2.何をするか

まずは、起業するのであればビジネスプランを立てなければいけません。
これは必ず必要です。(危うくすっ飛ばしてこけそうになりましたが・・・)

ビジネスプランは自分のやりたいことを明確にするとともに、自分のプランの甘さや足りないことや課題を見つけ出すのにとても役に立ちます。

毎日時間を見つけてはノートに書いています。

コンサルタントは元手が要らない商売なので、スタートはし易いですが、形が見えないため、信用がものをいう商売です。
そのため、実は最初の一歩が難しいですね。

それに今会計事務所の営業もやっていますが、あまり売り込み過ぎると力関係がお客様のほうが強くなってしまい、価格的に厳しくなります。

一番いいのはお客様から依頼されるパターンです。まずは、この関係を構築することからです。

ゴールデンウィークがまもなくやってくるので、勉強をメインにしつつ、ビジネスプランについても練っていこうと思っています。
ビジネスプランについても徐々にアップしていきます。

~~あとがき~~
今日は幼稚園のクライアント先への訪問でした。
4月は新入生が入ってくる月ですが、そこの幼稚園ではいきなり家庭訪問をするそうです。
その理由はずばり、その家庭環境を見たいからとのことでした。
おもしろいことに家がちらかっていてぐじゃぐじゃな家は落ち着きがない子だったりするそうです。
やっぱり、家庭環境が子どもに与える影響は大きいのですね。
昔は考えられませんが、最近は家にあがらせてもらえず、玄関先の立ち話しかさせてもらえない家もあると言っていました。
自分の頃は、親がお茶菓子を何にするか、お茶は何にするかそんなことまで悩んでいた記憶があるので、時代は変わったのですかね~。







-独立

Copyright© めざすブログ , 2018 All Rights Reserved.